教えてあげたい!行政書士のこと

駆け出し行政書士のアサミです。
最近友達同士で集まったら・・・
「行政書士取るのにどれくらい勉強したの?」
「独学で受かったの?」
「通信講座ってどうなの?」
「本屋さんのテキストじゃだめなの?」
・・・等々、質問攻めにあってしまいました!

みんなそれぞれ仕事に対して不満があったり、将来が不安だったりするのは少なからずあるらしく、資格を取って開業したというのは、サクセスストーリーだったようです。簡単にとれそうなら、「自分も!」と思ったのでしょう・・・。
結局のところ質問の内容は、独学で資格を取れるのか?どれくらい勉強すれば受かるのか?ということだったようです。

みんながこれほど資格に興味があることにも驚きましたが、みんなの周りでも資格を取るという話は出ているようです。資格は、自分磨きの代表のように思われていて話題となっていますからね。しかも、特に行政書士が気になっていたらしく、図らずもわたしがモデルケースとして扱われることに・・・。

そこで、行政書士の勉強は独学できるのか?どういう勉強法で受かるのかについて、レポートにまとめることを宣言しました。(大学時代の友達の間では、レポート名人だったので・・・)
その名も、「独学で行政書士に合格できるのか」
ずばり、このサイトがそのレポートです!!!

わたしは、先のことを決めずに勢いで会社を辞め、失業保険暮らしをしているときに行政書士の資格を取って開業しました。自分は仕事ができるし、会社なんか辞めても何とでもなると高をくくっていましたが、現実はそう甘くありません。働きたいと思うような会社は簡単に見つからず、知り合いを頼っても有力なコネがない、職務経歴書に書くべきスキルもない・・・。

そんな時、「いやわたしには力があるはず。自分の力を試してみよう。」と思い、資格をとって独立開業しようと決めました。無職で時間があったため、インターネットや資料請求をして研究し、自分なりの合格ノウハウを構築できた気がします。これから紹介する内容が、皆さんのお役に立てたら幸いです!!

→まずは、行政書士についてのイメージをもとう

このサイトには書かれていない行政書士の独学の勉強法を詳しくかかれております。 そちらも参考にして下さい。 →行政書士独学で合格は可能か?

独学並みのローコストで利用できる行政書士の通信教材はコチラ!学習効率が全然違います!