行独学、通学、通信講座、合格に最も近いのはどれ?

行政書士試験の勉強は、独学か、通学か、通信講座か・・・。
「重要なポイントは、カリキュラムとテキストである」というのが、わたしのひとつの結論ですが、費用や時間、好みなど、個人差がありますよね?

独学の場合

独学のメリットは、もっともローコストですむ可能性が高いのと、完全に自由なことです。初めて学ぼうとする人は、まずは独学を検討することが多いと思います。
デメリットは、カリキュラムを自分で作らなくてはならないこと、テキストを自分で選ばなくてはならないこと、モチベーションを保つのが難しいこと、法改正についていけない可能性があること、わからないことがあっても質問できないことです。

独学は、もっともリスクが高い勉強方法だと思います。特に急いで資格を取る必要がないならよいのですが、「一回で合格したい!」「試験まで時間がない」という場合には、オススメできません。合格するためのサポートが皆無なので、勉強以外のことに頭を使うことになり、非効率的です。

では、独学では合格できないのでしょうか?絶対に無理ということはないと思います。ただ、合格のプロセスを踏まない分時間がかかる可能性が高いというだけです。予備校などのテキストを誰かから譲り受けたり(カリキュラムも組まれているもの)、知人に行政書士がいたりすると、デメリットがカバーできて勝算が上がるかもしれません。

通学の場合

通学のメリットは、カリキュラムやテキストが用意されること、時間的に管理されること、モチベーションを保ちやすいこと、仲間ができること、その場で疑問が解決できることです。習い事に通う感覚で、決められた時間に強制的に学ぶことができます。自宅学習が苦手な人から熱い支持が集まっています。
デメリットは、高額な費用がかかるスクールが多いことと(20万円程度)、時間の自由が利かないことです。費用面であきらめる人もいますし、時間が合わなくて通えない人もいます。

通学での合格の見込みは高いと思います。独学と真逆で、かなり管理された状態で学習を進めることになるためです。クラスで先生に教わるのが好きな友達がいるのですが、通学で行政書士の資格を取りました。

きちんと通うことができれば、合格に近い存在でしょう。ただし、費用のデメリットが大きすぎます。わたしも仕事を辞めていたので通学することも可能でしたが、お金の余裕がなかったので選択肢からはずしました。

通信講座

通信講座のメリットは、カリキュラムやテキストが用意されること、自由な時間と場所で学べること、通学に比べて費用が安いこと(5万円程度)です。特に、好きな場所で、好きなときに勉強できるのは大きいと思います。
デメリットは、モチベーションの維持です。基本的に一人で勉強することになるので、時間も場所も自由というのは、かなりの精神力が必要となります。

わたしも、この点についてずいぶん苦労しました。はじめのうち、1日6時間勉強すると決めていましたが、それだけだと午前中だらだらしてしまって結局6時間の勉強を達成できませんでした。そこで、次のようなルールに変えました。
90分勉強→休憩→90分勉強→昼食→90分勉強→90分勉強
きりが悪いときは臨機応変にしましたが、これ以降予定通りのスピードですすめることができました。
知り合いの行政書士は、会社勤めをしながらの受験だったそうですが、忙しいだけに空き時間を有効活用できたと言います。高いモチベーションを維持することができれば、通信講座ほど自由度が高い学習法はないでしょう。

合格の見込みについては、通学と同様、専門家の作ったカリキュラムとテキストがあり、メールなどで質問できる仕組みがあるため、かなり高いと言えます。独学であれ、通学であれ、通信講座であれ、結局は一人で勉強する(覚える)時間がもっとも長いです。優良なカリキュラムとテキストがあれば、勝算は高いと思います。
「費用×合格への近さ」で判断すると、通信講座が最もオススメです。

→独学で行政書士試験に合格できる可能性について

独学並みのローコストで利用できる行政書士の通信教材はコチラ!学習効率が全然違います!