行政書士試験に必要なこと1/2
①試験までの学習計画を立てること

行政書士の試験に合格するには、”試験を受けて、60%以上正解する”。シンプルに言えばそれだけです。では、これを達成するにはどうすればよいでしょうか?
答えは2つ。

  1. 試験までの学習計画を立てること
  2. 覚えること、暗記すること、記憶すること

試験までの学習計画の重要性

何かを達成しようと思うときは、戦略が不可欠です。ある意味においては、実力以上に力を発揮します。今考えるのは、あくまでも資格をパスすることなので、パスするためのコツのようなものがあるのです。闇雲にテキストと格闘した結果、時間のわりに頭には何も残っていないというのでは困ってしまいます。

いつから勉強を始めればよいのか?
どれくらいの時間勉強すればよいのか?
どういう順番で勉強すればよいのか?
復習はどれくらい行えばよいのか?
問題演習はどのタイミングで行えばよいのか?
試験直前にすべきことは何か?

教育機関を利用すると計画が立てやすい!独学は不利。

勉強を始める前に、頭を悩ませるのは、「何をやればよいのかわからない」ということではありませんか?スケジュールを立てようにも立てられないし、教材もないし、覚えるといっても全体像がつかめない・・・。そして、一人で考えても答えはなく、時間だけが過ぎていく。

行政書士の資格を取ろうと思ったとき、インターネットと教育機関の資料請求などで、いろいろと調べました。その中で、わたしが利用したフォーサイトのカリキュラムを見たときは、魔法にかかったように、合格までの道筋がくっきりと見えたことを覚えています。合格までのカリキュラム、カリキュラムに沿った教材、適切なタイミングの演習問題など、全てが揃っていたのです。

独学で試験を受けるつもりでしたが、スケジュールを考えたり、テキストを探したりするのが無駄な時間に思えてきました。そして、専門家が用意したカリキュラムとテキストを前にして、自分が考えたり選んだりするものに価値があるのだろうか?いやない!と結論付けました。

学習計画の実行

最後に、学習計画の実行について考えてみましょう。カリキュラムの重要性を理解しても、実行されないと意味がないからです。会社員の方もいるでしょうし、学生さんもいるでしょうし、主婦の方もいるでしょう?みんなそれぞれ学習時間に差があると思います。通学の場合は別にして、自分の時間をカリキュラムにフィットさせる作業は自分で行わなければなりません。

一日にどれくらい勉強時間を確保できるのか?
その時間で間に合うのか?
その時間で間に合わないなら、どうやって時間を確保すればよいのか?

学習計画が計画倒れで終わらないように、自分の現状を見つめてみてください!

→行政書士試験に必要なこと2/2 ②覚えること、暗記すること、記憶すること

独学並みのローコストで利用できる行政書士の通信教材はコチラ!学習効率が全然違います!