通信講座の選び方と
フォーサイトを選んだ理由

最後に、通信講座の選び方と、中でもわたしがフォーサイトを選んだ理由についてご紹介します。行政書士試験の勉強法について、「独学で合格できるのか?」自分が考えてきたことを書いてきましたが、わたしの結論はフォーサイトという会社の通信講座でした。

通信講座の選び方のポイント

通信講座は、自分ひとりで学ぶためのツールです。ですから、合格に導いてくれるカリキュラムがあり、適した教材を提供してくれる会社を選ぶようにしてください。特に教材は各社個性があるので、よく比較することが大切です。
教材は、テキストはもちろんのこと、それ以外にDVDやCD、WEB学習などの充実度がポイントになることもあります。

フォーサイトを選んだ理由

わたしがフォーサイトを選んだ理由は、案内のパンフレットを見て、感覚的に「これだ!」と思ったからです。口コミで評判が高かったので、とりあえず資料を取り寄せて熟読しました。大手の会社のパンフレットと比較してみると、教材からして優れているのがわかりました。

大手の会社は、テキストと過去問がメインでしたが、フォーサイトは、DVDとCDが含まれていました。自宅学習でも、スクールに通うのと同じように講義を受けることができます。テキストを読むだけよりも、DVDなどで教わったほうが覚えやすいと思いました。

フォーサイトにしてよかったこと

思ったとおり、DVDでの学習は充実したものでした。ひとり学習でも、時間のコントロールがしやすかったです。一度再生してしまえば、気が散っていても、先生がこちらに向かって説明してくれています。頭を勉強モードに切り替えるのが容易でした。

わたしは、いつも見ていなくてもテレビをつけているタイプです。そこで、テレビ番組を見る代わりに、一度見たDVDをいつも再生していました。料理や掃除をしているとき、出かける支度をしているとき、雑誌を見ているとき、インターネット検索をしているとき・・・。テレビのニュースなどと同じで、真剣に見ていなくても頭に入ってきます。先生の話も面白かったですし。

CDもついているので、外出時はMP3で聞いていました。わたしの場合は、あまり気晴らしなどせず、違うことをしているときも行政書士学習の気配が感じられるようにしていました。教材がテキストだけだったら、こういう環境は作れなかったでしょう。

また、資格試験講座とは別に、戦略立案編というのがあります。学習に入る前に見るもので、内容は勉強の仕方でした。これが実はとても役に立ちました。特に、脳と記憶の話を聞いたことで、効率よく学べたのは本当によかったです。

フォーサイトは、行政書士の知識を学ばせてくれるだけではなく、どうすれば合格できるのかを徹底的に教えてくれます。教育機関として最高だと感じています。

独学並みのローコストで利用できる行政書士の通信教材はコチラ!学習効率が全然違います!